国にお金を借りる様々な方法

国にお金を借りる様々な方法

お金を借りる先といえば、すぐに候補に上るのは銀行や消費者金融、カードローン会社などですが、逆に国にお金を借りるということを考えてもよいものです。国にお金を借りるのであれば、利息なども限りなく少ないはずですし、なによりも安心感が民間とは比較にならないといえます。
こうした国にお金を借りる方法に関して、現在は生活困窮者自立支援法と呼ばれる法律が施行されており、全国で福祉事務所を設置している自治体が実施主体となって、生活に困窮している人に対して、様々な相談や就労の支援を行う制度があります。これと連携して自立のために行う金銭的な支援として、生活福祉資金貸付制度が設けられており、直接的に国が窓口となっているわけではありませんが、間接的に、生活困窮支援の国策として実施されている制度が利用できるのです。
こうした制度による貸し付けの対象となっているのは、資金を銀行などの他の機関から借りることが困難な低所得者世帯や、障害者手帳を交付されている障害者世帯、収入の道がない高齢者を抱える高齢者世帯などです。地域の社会福祉協議会が申し込み先となっており、審査が通れば資金の貸し付けが受けられます。
このほかにも、就労支援や家計指導とあわせて一時的に資金を貸し付ける総合支援資金、失業者が再就職までの期間に当面の生活費をやりくりするなどの目的で貸し付けが認められる臨時特例つなぎ資金貸付などの種類があります。これらも社会福祉協議会が窓口となっていますので、条件面で利用できそうな資金がないかどうか、確認をするとよいでしょう。

Author: Ledbetter