カードローンとキャッシング、リスクはどちらが高いのか?

カードローンとキャッシング、リスクはどちらが高いのか?

カードローンもキャッシングも、どちらも小口融資を専門としており、その利用目的が問われない点において共通です。したがって、基本的にどちらのリスクも同じであり、いずれが高いか否かを考える意味がありません。カードローンもキャッシングも、きちんと返済をしないとカードの利用が停止されます。また、その事故情報は信用情報機関に掲載されるため、他社の借り入れをしたい場合に影響します。
敢えて違いがあるとすれば、提供している業者の違いや返済方法です。カードローンは消費者金融業者や銀行が提供しており、キャッシングはカード会社が提供しています。ただこの点も、どちらのサービスも提供している業者もあるため、決定的な違いはありません。また、返済方法についても、業者によって異なる点が多いため、これらのカテゴリーで分けるのは難しいです。
したがって、いずれを選ぶかという点で、リスクを気にするのは意味がありません。むしろ、自分は何をサービスに求めているのかで決めましょう。例えば、キャッシングの場合、ショッピング機能も付いているため、買い物に利用する予定がある人ならばこちらを選んだ方が良いです。そうでなければ、カードローンを利用すると良いです。そのほか、金利で選ぶのも有用です。低いとその分返済が楽になり、毎月の返済の負担感を軽減することができます。特に、長い年月の利用を検討しているのであれば、低金利の方が絶対的にお得です。
カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングはこちら

Author: Ledbetter